事例・コラム

【業務効率化】入退室管理と勤怠管理業務の改善事例

提供:株式会社イーバイピー

非接触型の生体認証装置を利用することで、磁気カードやICカードを使わずに企業内の出退勤管理やスマートキーによる開錠施錠を低コストで導入。また、検温も同時に計測(特許第6778348号取得)できる為、コロナ対策にもなった事例です。セミナーやイベント会場の受付無人化の事例も併せてご紹介します。

ICカード認証から生体認証へ。低コストで高セキュリティな入退室環境を実現

企業にとって全社的なセキュリティシステムの導入は必須条件ですが、カードを利用したセキュリティに対する弊害は無視できません。カードの紛失、置き忘れなど個別で発生する日々の事案に対するバックヤード業務の増加、昨今ではカードコピー機がインターネット販売などで横行し、簡単に複製されてしまう事例も見受けられます。

生体認証はカード認証と違い、置き忘れや紛失がありません。つまり、非常に高コストであったテンポラリーカードの発行回収、盗難、なりすまし等のリスクが当然のことながら発生しません。標準機能としてBluetoothによるスマートロックシステム連携が可能な「Paon Safe」が、工場や企業の社員通用口の低コストかつ高セキュリティな入退室環境を実現します。

以下のリンクよりシステム紹介動画をご覧いただけます。

【株式会社イーバイピー】非接触体温測定静脈認証システム「Paon Safe」

非接触体温測定静脈認証システム_しながわのチカラ メードイン品川物語

スマートキーとの連携イメージ

【事例紹介】導入効果とお客様の声

事例1:飲食店の受付カウンターに設置

飲食店 オーナー

受付カウンターに設置し、店員やシェフ、お客様来店時の検温に使っています。

手軽に使えるので、従業員は入店前、昼と夜の営業開始時、帰宅時に4回検温しています。一人約1秒で検温できるので、かなり楽ですね。接触しないので、毎回検温機を消毒する必要がないのも助かります。

お客様も来店時に自分で手をかざすだけで、音声ナビが付いていて、お客様と離れても体温異常があるかすぐわかりますね。

会計時に会員の方は10%割引をしています。お客様の手のひらを会員証として活用しています。これで登録者が増えれば、検温記録が残り、何かあった時も、追跡にも協力可能です。まさに一石二鳥です。

事例2:IT専門学校の入り口に設置

IT専門学校 職員

このシステムを導入する理由は以下の三つです。

①本人の検温が確実に把握できる。
②検温と本人確認が素早くでき、検温の為の人の滞留が解消される。
③鍵と連動できることで、発熱者の入校を防ぐ。

まず、学校入口に設置し、ドアの鍵と連動することによって、発熱者の入校を禁止し、クラスタ-を防止します。次に、学生寮にも設置し、寮に住む学生全員を登録し登校前検温を必須とし、体温に異常が見られる生徒は休みとしました。

担任の教師には自動的にショートメールにて検温異常として通知され、当日の休講届と併用します。これで発熱の学生の来校を事前に防げます。検温しなかった生徒も正常メールが届かない為、直ぐにわかります。

今までは職員や学生が学校に来る前に体温の自己申告を行っていました。しかし実際、検温しているかは把握できないので、不安でした。このシステムを使うことで、検温をごまかすことができなくなりました。

勤怠管理システムと自動連携!バックヤードの事務負担を大幅軽減

近年、働き方改革関連法が施行され、36協定遵守のためには、労働時間をリアルタイムで把握する必要があり、従来のエクセルやタイムカードによる勤怠管理では対応が難しくなっています。本製品は以下の4つの機能を標準装備しているので、勤怠管理システムの導入を検討されている方はもちろん、すでにシステムを導入済みの方も円滑(置くだけ!)かつ低コストで導入・連係が可能です。

1. 打刻時間を正確に把握できる
2. 静脈認証機能により、不正な打刻(本人以外の打刻)を防止する
3. 打刻データは記録され、労働時間を管理できる
4. 既存の勤怠システムと連携できる

勤怠管理システム(King of Times)との連携イメージ

簡単コロナ対策!イベント会場や会員制クラブの受付・検温の無人化

省人化・無人化で感染防止のリスクは軽減されるものの、人の目が減ることでセキュリティリスクや犯罪発生件数の増加が懸念されるため、今まで以上にオフィスや商業施設及びイベント会場などでの本人認証を徹底しなければなりません。モノや人間同士の接触を最小限に抑えた有効な本人認証の手段として、本製品では以下の機能により無人で高セキュリティの受付対応を実現できます。

・コロナ対策に有効な非接触での入退室が可能
・音声ナビゲーションにより離れていても入室が確認可能、
・カードを持ち歩く必要がないフリーな認証方式
・置くだけで簡単に設置できるのでオフィスだけでなく、お店や工場など様々な場所で導入可能
・マスク着用時や変装、整形などの影響を受けないため、なりすましのリスクがない
・顔認証データ等のプライバシー保護の必要がない

2021年2月25日開催「第4回佐賀ITフェア」受付の様子

2021年2月25日開催「第4回佐賀ITフェア」受付でも活躍しました。入場の際の検温のわずらわしさが解消され、入場が集中する時間帯でも来場者の滞留はほとんど見られませんでした。

【まとめ】まずは、ご相談ください

弊社は、SI開発・自社製品FILIST、LinkSを開発・販売・運用をするソリューション事業、清潔、安心な静脈認証システムを展開する先進事業、優秀でユニークな人材をご提案する派遣事業の3つの柱で事業を展開しています。常にお客様を第一に考え、現場のお悩みに寄り添ったご提案をしております。ご興味や具体的な課題をお持ちのお客様は、是非お気軽にお問い合わせください。

執筆:株式会社イーバイピー 佐賀事務所マネージャー 古川

株式会社イーバイピー

国内企業 東京都

お客様が安心して利用できるシステムとサービスの提供すること。それが、私たちの存在意義です。一日に何度 “ 笑顔 ” でいますか?当社は、IT 業界に携わりながら、経営理念に『笑顔』を入れている会社です。ではなぜ、“ 笑顔 ” なのでしょう?それは、常にお客様に『高い品質』と『強い責任感』を提供することで、お客様も社員も笑顔でいられると考えているからです。社員一人ひとりが常にお客様のことを考え、最後に笑顔でご満足いただけるように。
© 2019 佐賀県産業スマート化センター